貴事業所について

問1. 貴事業所についてお答えください




問2. 貴事業所の従業員数(2023年2月時点または直近で把握されている従業員数)についてお答えください。



問3. 2020年4月~2023年1月における、貴事業所の休職者・退職者それぞれの合計人数をお答えください。





貴事業所の労務状況について

問4. 貴事業所の業務中における、身体を動かす機会についてお答えください。
(職種によって異なる場合には、もっとも人数の多い職種についてご回答ください。)


問5. 交替勤務(シフト勤務)の状況についてお答えください。

交替勤務をする従業員の有無



%

問6. テレワークの状況についてお答えください。

テレワークの有無


(テレワークをする従業員がいる場合)
平均的なテレワークの頻度


問7. フレックスタイム制度の状況についてお答えください。

フレックスタイム制度の有無



%

働きやすい環境づくりについて

問8. 有給休暇は取得しやすい環境ですか?


問9. 育児・介護と仕事の両立を支援するための制度は整備されていますか?
(育児休業、育児目的休暇、短時間勤務制度、介護休業、看護休暇など)


問10. 私傷病により治療を必要とする場合に、治療と仕事の両立を支援するための制度は整備されていますか?
(勤務時間中の医療機関への通院の配慮や、有給での私傷病休暇制度など)


問11. 会社と従業員が、従業員自身のキャリアについて向き合う機会はありますか?
(上長との面談、社内研修、外部研修等)


問12. 従業員の働きやすい環境づくりのために、具体的な取り組みを行っているものがあればお答えください。(複数選択可)



作業環境について

問13. 従業員一人あたりの執務・作業スペースは十分にありますか?


問14. 業務を行う場所の、温度・湿度や換気状況等は快適に保たれていますか?


問15. 通路や棚の備品類は適切に整備・管理されていますか?
(適切に整備・管理されているとは、通路や出入り口に備品等を置いておらず、棚は倒れないように固定されており、積まれた物品などが存在しない等の状態を指します)


健康課題の把握と対策について

問16. 直近の1年間における、健康診断の取り組み状況についてお答えください


%

有所見者(※)への二次検査や医療機関受診の勧奨
※健康診断の結果、いずれかの項目で何らかの異常があった方


問17. 産業医の稼働状況についてお答えください

産業医との契約有無


(契約がある場合)
産業医の稼働頻度(巡視・衛生委員会への参加等)


問18. 直近の1年間における、ストレスチェックの実施状況についてお答えください

ストレスチェックの実施有無



%

%

健康経営の取り組み状況について

問19. 健康経営の推進に向けた、事業所内の体制についてお答えください。

経営者層の関わり・支援の有無
(社内外に向けての健康宣言、予算の確保など)


健康経営推進に携わる人員の確保


健康経営を推進するための具体的な計画の策定


問20. メンタルヘルス対策として行っているものがあればお答えください(複数選択可)



問21. 従業員が心身のセルフケアについて学ぶための、研修や情報提供の機会がありますか?


問22. 管理職・マネージャーが、管理職としての業務を遂行するためのスキルを学ぶ研修等の機会がありますか?
(ラインケア、安全配慮義務、ハラスメント防止など)


問23. 従業員の心身の健康づくりのために、具体的な取り組みを行っているものがあればお答えください。(複数選択可)



健康経営優良法人について

問24. 「健康経営優良法人」の認定取得に向けた取り組み状況についてお答えください
※「健康経営優良法人認定制度」とは、経済産業省と日本健康会議が、特に優良な「健康経営」を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。認定を受けることで従業員や求職者、金融機関など周囲から社会的な評価を受けられることが期待されます。


問25. 問24で、「関心はあるが、特に取り組みは行っていない」「取得するつもりはない」と答えた方へお伺いします。
認定取得に取り組まない(取り組めない)理由についてお答えください。(複数選択可)



協会けんぽ広島支部の事業について

問26. 来年度、協会けんぽ広島支部では「メンタルヘルス対策セミナー」を開催したいと考えています。ラインケアをテーマとして開催する場合、参加されますか。


問27. 健康づくりに取り組む上で、必要だと思う支援内容など、協会けんぽ広島支部へのご要望・ご意見があればお答えください。(複数選択可)